街全体が世界遺産!水の都サンクトペテルブルクと郊外の宮殿

ロシア

300年前は沼地だったサンクトペテルブルク。フィンランド湾に注ぐネヴァ川を中心に街歩きをしてみる。宿泊はエルミタージュから徒歩3分でモイカ川沿いという好立地なホテル。ここで4日間を過ごし、ペテルゴフやエカテリーナ宮殿といった郊外にも足を延ばす。i

ネフスキー大通り

午前7時55分 モスクワ駅に到着。
モスクワと比べ、朝の空気は冷たい。
ここはネフスキー大通り。向こうに見えるバスに乗り込んでホテルへ向かう。

好立地ホテル エルミタージュ美術館のすぐそば。その名も バイ・ザ・エルミタージュ

バイザエルミタージュの立地は最高です。
エルミタージュ美術館、カザン大聖堂、血の上の救世主教会など、主要な観光スポットが徒歩圏内。壁が少々薄いのと安っぽいシャワーを気にしなければ、安くて使い勝手の良いホテル。

朝早く到着して荷物を置かせてもらったら、なぜか朝ごはんを食べていいと言われ、遠慮なくいただいた。ハムサンドをもりもり食べる。とても早いお昼ごはんと化す。

朝ご飯はおいしい。日替わりメニューもある。ちゃんと野菜もある。ラテも。

滞在証明書(レギストラーツィヤ): 250 Pくらい
シングルルーム(食事、サ、税込):5,200円/泊

ネヴァ川をぐるりとサンクトペテルブルク街歩き

初日はホテルを中心にこんなルートで街歩き。

宮殿広場へ続く道
エルミタージュ美術館

世界4大美術館 エルミタージュ美術館へ

世界4大美術館を知っていますか。
パリのルーブル、ニューヨークのメトロポリタン、台湾の故宮そしてこのエルミタージュ美術館(諸説あり)。世界4大とか言われるとドキドキしますね!

いったんホテルへ戻って休息。ニューバランスのスニーカーを履いていたけど、足が棒のようです。16時、いよいよエルミタージュ美術館へ!夕方にしたのには理由がある。エルミタージュ美術館前の大行列は有名だから、それを避けるため。時間帯が良かったのか、夏場じゃないからなのか、奇跡的に並ぶことなく館内に入れた。ラッキーだけど、閉館まで2時間を切っている!

この時間、館内の混雑もない。だけど中国の団体さんはどこでも見かける。とある青年に話しかけらました。「ちょっとその本見せて(中国語)」(推測です)。ちょっと困って地球の歩き方の表紙を見せると「ニホンゴ~」と、日本語をつぶやいてどこかへ去っていくというエピソードが。これに限らず、ロロはロシアで何回も行く先々で中国の方に間違えられるのです。ロシア人が東洋人を見分けられないのは分かる。でも中国人にも!?なぜ!?

ジョージア料理はロシアで人気の皿

今夜のディナーは『ホチュ・ハルチョ
GINZA Project (白〇屋グループみたいなもの?)が手掛けるお店です。
ほんとうは『プハリ=ヒンカリ』に行きたかったのですが、残念ながら満席でした。
クロークが元気でノリが良い。インテリアも好き。値段もリーゾナブル。お味の方は・・・ロロはロシア料理の方が好きかな。ですが、ジョージア料理にトライすることも旅の目的の一つだったので、目的達成。

これだけ食べて 1,545 P(2,700円くらい)

ペテルゴフ、ワーニャの家、そしてマリインスキー劇場

地下鉄とマルトリューシカを乗り継いで、向かうはぺテルゴフ。電力み頼ることなく細工と水の力だけで湧き上がる噴水。

コメント

タイトルとURLをコピーしました