フィリピン マニラ タール火山に登る予定が火山でポシャった件

東南アジア

最安値付近で買ったマニラへの航空チケット。週末、息子と二人マニラ近くのタガイタイ タール火山で乗馬する予定が、火山が爆発しちゃった!初めて経験するキャンセルの危機をリアルタイムでお伝えしたいと思います。(2020.01.14)

2020年1月12日 フィリピンマニラ近郊のタガイタイで、世界一小さいと言われるタール火山が噴火。朝、Skypeレッスンでお世話になっているジョアン先生が連絡をくれて、それから状況を静観。

噴火の一週間後にこのタール火山に登る予定だったけど、数日のうちに大噴火が引き起こされるかもしれないという情報を得て、キャンセルを決断しました。(2020.01.17)

〇キャンセル内容〇

ジェットスター(往路) KIX-MNL 23,840円(2名分) 返金不可
エアアジア(復路)MNL-KIX 18,309円(2名分) 返金不可
Summit Ridge Hotel Tagaytay 2泊 10,728円+Hotels.com awardの一泊無料券* 返金!
New Condo Unit near NAIA 1泊 5,343円 返金不可

*Hotels.comでは、10泊すると1泊無料になるのです。10泊分の宿泊料の平均値に相当する宿が選べるというとてもリーゾナブルなシステムです。

○ジェットスターのキャンセル

ジェットスターは、一番安いStarterでの予約。返金不可のチケットです。
噴火直後はマニラ空港が閉鎖されていたため返金の望みもあったけれど、飛行機が飛ぶ以上は返金されない。

空港税は返金されると考えたので、カスタマーセンター(ライブチャット)に問い合わせました。

Orz…そうなんです。空港税より払い戻し手数料が上回るので実質返金されません。うまくできていますね。空港や国に納めないにもかかわらず、高額な手数料を科して実質返金されないのは、消費者契約法に抵触する可能性もあるという記事を読みました。無駄でしょうが、消費者センターに問い合わせてみようと思います。

○エアアジアのキャンセル

エアアジアは、どのチケットであっても返金は受け付けていません。空港税は返金されるようですが、ジェットスター と同じく手数料を差し引かれてほとんど戻ってこないと考えた方が良いようです。(これもカスタマーセンターに問い合わせるので後日レポートします)

○ホテルズドットコムのキャンセル(ホテル都合のキャンセル)

Summit Ridge Tagaytay については、ホテル側からキャンセルの連絡がありました。ホテルズドットコムのカスタマーセンターに連絡して、返金してもらうことになりました。以下は自己都合でなく、ホテル都合の場合のキャンセル方法です。

※電話で返金依頼をしましたが、トータルの通話時間なんと32分!フリーコールではありません!対応は至って誠実でしたが、ホテルズドットコムはもっと簡易化する企業努力をすべき。

①電話をかける(LINEも可)
ホテルズドットコムのカスタマーサポートはこちら
問い合わせ先に進んでいくと、電話番号(03-6743-8545)が記載されています。
日本語か英語か選べるけど、オペレータはバイリンガルの外国人(おそらく中国系)となります。
②カスタマーサポートからホテルへ確認の電話
ホテル都合であることを確認するため、オペレータから予約したホテルへ電話をします。この間、電話は切らないで待機。電話代が気になります…。ホテルは避難区域にあるので、当然誰も電話には出ません。
③(ホテルに電話が繋がらない場合)証拠となるEmailを転送
まずはオペレータからEmailが送られてきます。それに転送する形でホテルからのキャンセル依頼メールの画像を添付します。オペレータからEmailを受け取るまで、こちらのEmailがオペレータに届くまで、すごく時間がかかりました。電話は繋げたままです。
ホテル都合である証拠が確認できたら、返金成立です。電話を置いたら、通話時間はなんと32分。
④ホテルズドットコムから返金(Hotel.com Rewardsの無料宿泊数の特典の返還)
24時間以内にホテルズドットコムから返金されました。

ちなみに転送したメールはこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました